納骨冥加料、永代供養冥加料
の改定について

コロナ禍発生以来、当山では出来る限りの対策を取って参りましたが、法務を制限する事により、ご参詣の不便や運営上の課題が生じております。今後の円滑な法務遂行にあたり関係各位からのご指摘・ご意見も参考に、この度、納骨冥加料と永代供養冥加料の改定をさせて頂く事といたしました。 社会全体が疲弊している中で誠に心苦しい限りではありますが、何卒ご理解下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

合 掌

納骨冥加料

現行

1万円又は、1.5万円又は、2万円

令和4(2022)年4月1日から

2万円又は、3万円又は、5万円

  • ご納骨「受入れ制限」について
  • 永代供養料は、別途必要です。
  • 小骨壺のみ納骨できます。
  • 直径9cm以下、蓋を含め 高さ11cm以下の小骨壺
  • 1霊につき1壺のみ
  • 胴骨・全骨は、納骨できません。
  • 改葬納骨は、お受けできません。
  • 納骨には「火葬許可証」あるいはそれに代わる証明書が必要です。書類の原本を必ず提出していただきます。コピーでは納骨できません。
  • 納骨後、ただちにお骨佛さま造立の準備をいたしますので、納められたお骨はお返しできません。

永代供養冥加料

現行

10万円から

令和4(2022)年4月1日から

20万円から

  • 納骨料は、別途必要です。